myself

叶えるために今できることを

こんにちは。

こばさやです❣

 

前回の記事【なりたい自分になるためのステップ】

 

家族全員大反対の中で、私がどうやって、声優になるために上京を決められたのか…
前回記事の続きを書いていきます♪

 

「声優になりたいから上京したい!」

反対されることを予想はしていましたが…何度勇気をだして話し合っても、両親からの許可はおりませんでした。

 

両親からの許可や同意を求めず、親の意見なんて無視して、自分がやりたいことなんだからやればいい!

という考え方もね採用できたかもしれません。

ただ、私はそれを選べなかった

 

当時の私は、貯金はありましたが、声優になるための勉強をしたり東京で一人暮らししたりできるほどのお金はありませんでした。

高校三年生の5,6月頃からどんなに頑張っても、バイトで岡山で高校生で稼げる額では、高校卒業後に上京できるだけの資金は到底貯まらない。

だからといって、岡山で保育科の短大行ってその間に資金を貯めてそれから上京…なんて悠長なこと、私はどうしてもイヤだったんです(ワガママwww)

 

(今になって言えますが、”悠長なこと”なんてなかったのにね…と思います。いろんな方法が叶え方があることを知った今だからね言えることね(笑))

 

そしてなにより。
私は、大好きな両親に大好きな家族に、自分の夢を応援されて上京したかったんです。

金銭面での支援だけでなく家族に私の味方で居てもらいたいから、私は両親の許可と協力を得るために、悔しさや情けなさを感じながらも次の行動に出ました。

 

 

【毎日の筋力トレーニングと家事手伝い】
(え、そんなこと⁉って思います?(笑))
今の自分にできることやれるだけやってみようと…当時の私の精一杯。

この筋力トレーニングと家事手伝いは、両親に上京を許してもらうためだけに選んだ行動ではありません。

両親に私の想いを認めてもらいたい願いは持ちつつ…それよりもまず自分自身を鍛えることを念頭に置いていたような気がします。

 

結果として。
役者としての身体づくりもでき、上京後に自分を救う家事スキルも高まり…

そして。そんな、自分の夢に願いにしつこいしつこい私の姿を毎日見ていた両親は、私の「声優になりたい」という思いを認め、東京の大学を受験し合格したらという条件で上京を許してくれました。両親には本当に感謝しています。

 

私が、やりたいこと(声優になるため上京する)を叶えるために最初にしたことは…

自分の思い(本音・やりたいこと)を口にだすこと
今の自分にできることを続けたこと

ざっくり言うとこれに尽きます。

これが前回記事で書いた【②気付けて可能性を育てられる人】の原点だと私は思います。

ただね。
当時の私のやり方は、ワガママで自分勝手でしたし、家族の気持ちを汲みきれていなかったことは、私の未熟さです。
今は、自分の思いを口に出しつつ自分にできることを続け周りへの思慮も忘れないやり方を選べる自分で居たいと思っています。

 

 

叶えるために今できることを。

それは、今の現状がどうであれ、たとえ周りに反対されても、まず自分の気持ちに素直に行動を起こしてみるということ。

行動を起こすことを決めた後は、得られるだろう結果にばかりとらわれないことも、行動を続けていく上で大事なことなんじゃないかなって私は思います。そうじゃないと、行動を起こしていてもなかなか結果が得られなかった場合、行動自体を辞めてしまいがち焦って可能性を潰してしまいがちになっていたから、私はねw

その行動が自分にとっての正しい行動かどうかは、自分で行動してみないとやっぱりわからないんじゃないかなと思います。間違いのない行動や絶対うまくいく行動は、自分で行動してみたからこそわかること♪

 

 

次は、「芝居ができなくなるのは○○を知らないから」でも触れた、芝居と自分自身と向き合うことについて書きたいと思います♪

 

お読みくださりありがとうございます😊

こばさや

 

♥SNS♥
♡Instagram
create_with_voice
ko8asaya
♡Twitter
@CreateWithVoice





叶えるために今できることを” に2件のコメントがあります

  1. こんばんは。船倉鮎美と申します。
    私は今、声優になりたい、ミュージカルへ出たいと思い、いろんなオーディションへ応募しています。

    最近の悩みでお聞きしたいことがあり、コメントを書きました。
    自分でトレーニングしたときに、喉を痛めることや、喉から風邪をひくことってありましたか?
    私は発声練習すると喉が痛くなってくしゃみが出るようになって風邪を引きます。
    自分が喉から発声をしていて、喉の使い方が悪いだけなのか。それとも向いてないのかなって考えてしまって…。

    文面で難しいとは思うのですが、もし何かお気付きの点があれば、教えていただけると幸いです!

  2. 船倉鮎美 様

    こんにちは。小林紗矢香です。
    コメントありがとうございました!
    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません(>_<) まず。 鮎美さんのなりたい自分への想いとガッツを、どうか自分でたくさんホメてあげてくださいね(*^^*) お悩みの件ですが… 「向いてないのかな」という懸念は捨てちゃっていいと思いますよ。 自分には向いていないんじゃないか?できないんじゃないか?という思い込みが、自ら自分の可能性を狭めてしまうことは大いにあります。 だからまずは、「大丈夫だよ」と自分に声をかけてあげてください(*^^*) それから、自分の声帯・身体に合った発声方法を探していくことをオススメします♪ 声優になりたいのであれば、声優のスキルを理解したボイストレーニングやボイストレーナーに師事するのがいいかなと思いますが、まだプロのボイストレーニング自体受けたことがないのであれば、ぜひ体験してみてください♡ また今後ブログで私の考えや実体験なども書かせていただきますね! コメントありがとうございました! 応援しています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。