myself

私の大好きな人を私以外の人が愛していたとしても

こばさやです

 

 

私の身の回りには、モテる人ばかりが集まります(笑)

男女問わずモテるし必要とされるし…

そんな人達を子どもの頃からそして今も近くで見ています。

 

 

 

一番身近なのは…母ですかね(笑)

 

仕事でもひっぱりだこ、家庭でもひっぱりだこ…

人にも仕事にも恵まれ愛されている母を心から尊敬しています

 

と。

 

今では言えるのですが。。。

 

子どもの頃は、そんな風に思えませんでした

 

仕事があるのでいっしょに居られる時間は少ないわ、他の子を褒めるわ、妹が二人も居るので母を独り占めにはできんわで(ストレスで禿げたこともあるw)…

よく泣いていじけて【拗ねり(すねり)】と家族からは呼ばれていた私です

 

じゃあ、お父さん甘えよ~!となれたら良かったのですが…

 

父も仕事からも人からもモテる人で…

やっとの休みは寝てたり遊べなかったり子煩悩でもなかったので…

子どもの頃は、お父さんに愛されとらんのんじゃ~と思ってました(笑)

 

 

私の大好きな人は、私だけのものじゃない。

私の大好きな人は、他の人にも愛されてる。必要とされてる。

わがまま言っちゃいけない、困らせちゃいけない、私はどうせ……

 

で、我慢したりいじけるようになったんですよね。

良かれと思ってやったことが裏目に出たり、相手の期待に応えられなかったりするとさらに自信もなくして。

 

それは家族だけではなく、友達や好きになった人に対しても。

まだ好きなのに「私は必要じゃないんだ」と感じると、傍に居るのが苦しくなって、自らその人の手を離すようになっていました。何度も。

 

 

数えきれないほど泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

今もなお、母も父もモテモテ健在だし

そして身の回りもモテる人ばかりの中で生きていますが、

昔のように【拗ねりちゃん】になることは滅多になくなりました。

 

それは、

私も実は彼らと同類のモテる人だったのと

私がその人達から愛されていることを肚の底から実感できているおかげなのと

私の知る愛情表現以外の表現方法もあるのだと知ったからなのかもしれません(笑)

(たまにグラつきますがwもともとヤキモチやきのビビリなもんでねww)

 

 

大好きな人が他の誰かからも愛されていると

私の傍から居なくなっちゃうんじゃないかという不安がつきまとって

役に立ちたい!
必要とされたい!
好かれたい!

と思うのは、心から大好きな相手ならば当たり前だよね。

 

だけど

できることが少なくても

むしろできないことだらけで役に立てなくて迷惑や負担ばっかりかけているように思えてしまっても

傍に居ていいんだよ。

わざと独りになろうとしなくていい

手を離さなくてもいい

心から好きな人ならば。

 

と、今なら言えます(笑)

勇気を出して自分から手を離さないようにしている私が居るので(笑)

たとえ離れてしまっても、本気ならば掴み直せばいいしちゃんとまた繋げます(笑)

 

役に立つか立たないかで自分の存在価値を決めなくていいし、言葉や物だけで愛情を測ろうとしなくてもいい。

 

私の大好きな人をたとえ他の人が愛していようとほっとけ。
(この人スゲーなぁくらいに思っときゃいいw)

今私のとなりに大好きな人が居るならそれが真実。
(私もスゲーなぁと思やいいww)

 

 

不安になるほど大好きなだけ。

そのたびに私が居たいと思う”となり”を選ぶ。

私を泣かせるのも笑わせるのも得意な大好きな人達に心から感謝です

 

となりに居るのが父。撮影は母。

 

 

 

気付かせてくれてありがとう

 

こばさや


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。